街場の大阪論 : Get up stand up,Osaka!

江弘毅 著

内田樹『街場の教育論』『街場の中国論』でおなじみ「街場シリーズ」の名付け親にして、大阪ディープサウス発活字メディアのスーパースター・江弘毅の「大笑いするけど、ちょっと哀しく、あとで考えさせられる」ウルトララテン系エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 街場の大阪論(「二度づけお断り」の思想
  • アホで悪いか?大阪の街場の子どもたち
  • 東京タワーと通天閣 ほか)
  • 第2章 大阪からワシも考える(「知らない人なのに知っている人」のいる街
  • "街場"の大阪人は知っている
  • 情報バラエティ番組の空気感 ほか)
  • 第3章 街をビジネスモデルで語れるか!(日限萬里子さんのこと
  • ほっといてくれよ「まちづくり」
  • 道頓堀が泣いている ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 街場の大阪論 : Get up stand up,Osaka!
著作者等 江 弘毅
書名ヨミ マチバ ノ オオサカロン : Get up stand up Osaka
書名別名 Machiba no oosakaron
出版元 バジリコ
刊行年月 2009.3
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86238-131-6
NCID BA89501622
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21654287
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想