原発安全宣言

渡部昇一, 中村仁信 著

長崎・広島のデータが物語る放射線の真実を学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 原発を止めた放射線恐怖(「放射線=怖い」を疑い出したきっかけ
  • 放射線の「迷走」の始まり ほか)
  • 2章 広島・長崎のデータを使わない反原発論者(放射線発ガンになるリスクは野菜不足と同じ!?
  • 医療は全て量である ほか)
  • 3章 国連はいっこくも早く「除染をやめよ」と警告している(放射線は体に良いのか
  • どうして低線量は良い効果を生むのか ほか)
  • 4章 これからの原発と代替エネルギー(除染は時間や費用の無駄遣い
  • おさまらない放射線アレルギー 科学に基づき行動せよ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原発安全宣言
著作者等 中村 仁信
渡部 昇一
書名ヨミ ゲンパツ アンゼン センゲン
出版元 遊タイム
刊行年月 2013.7
ページ数 166p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86010-333-0
NCID BB13162480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22270635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想