慨世の遠吠え

内田樹, 鈴木邦男 対論

ともに思想家で武道家の内田樹と鈴木邦男が、戦後七十年の日本社会の問題を十時間にわたり語り尽くした。対談本の概念・領域を超える、超「対談」の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の政治と外交
  • 第2章 戦中と戦後の断絶
  • 第3章 合気道をめぐって
  • 第4章 『仁義なき戦い』を鑑賞して
  • 第5章 戦後の相貌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 慨世の遠吠え
著作者等 内田 樹
鈴木 邦男
書名ヨミ ガイセイ ノ トオボエ : ツヨイ クニ ニ ナリタイ ショウコウグン
書名別名 強い国になりたい症候群

Gaisei no toboe
出版元 鹿砦社
刊行年月 2015.3
ページ数 277p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8463-1038-7
NCID BB19046755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22553191
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想