すべては歌のために

武部聡志 著

1977年よりプロとしてのキャリアをスタートさせた音楽家、武部聡志による初の単著です。膨大なアレンジ/プロデュース作品の中から、自身にとってエポック・メイキングと呼べる22曲をピックアップ。「サウンド・メイク」「レコーディング手法」「作曲」「ストリングス・アレンジ」「歌入れ」「音楽監督」、そして「アーティスト・プロデュース」など、あらゆる角度から音楽制作のノウハウを語っていただきました。また武部をよく知る4名のゲストの方々には、現場における「武部聡志の仕事ぶり」についてお話を伺っています。本書を通じて浮かびあがってくるのは、アーティストを輝かせることに全力を傾けてきたミュージシャンの姿。それはダイレクトに日本のポップス史へとつながっています。ぜひ、本書で音楽作りの喜びと深みに触れてみてください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロデューサー/アレンジャーとして大切にしていること
  • 「卒業」斉藤由貴
  • 「あなたを・もっと・知りたくて」薬師丸ひろ子
  • 「Rainy Blue」徳永英明
  • 「瑠璃色の地球」松田聖子
  • 「流星のサドル」久保田利伸
  • 「どしゃ降りWonderland」今井美樹
  • 「危険な女神」KATSUMI
  • 「全部だきしめて」吉田拓郎とLOVE2 ALL STARS
  • 「believe」山口由子〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すべては歌のために
著作者等 武部 聡志
書名ヨミ スベテ ワ ウタ ノ タメ ニ : ポップス ノ メイシュ ガ カタル ニジュウニキョク ノ プロデュース アンド アレンジ ワーク
書名別名 ポップスの名手が語る22曲のプロデュース&アレンジ・ワーク
出版元 リットーミュージック
刊行年月 2018.1
ページ数 279p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8456-3175-9
NCID BB25314167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23009620
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想