精霊使いの剣舞 (ブレイドダンス)  5 (魔王殺しの聖剣)

志瑞祐 著

エストを失ったカミト。エストは戻らないまま"精霊剣舞祭"本戦は開幕し、竜騎士レオノーラたちがカミトに迫ってくる。失意に沈むカミトだが、クレアたちの(獣耳コスプレなどの)協力のもと、少しずつエストの過去に触れてゆく。そこでカミトが見たものは、はるか昔の、伝説の聖剣と、救世の聖女と呼ばれたひとりの少女の物語だった。「ねえ、エスト」「なんでしょうか、マスター」「いつまでも、私のそばにいてくれる?」それはとてもあたたかな記憶。そして失われるぬくもり。最後に残されたのは、冷たい指先と…。闇の中で彼女は祈り続ける。繰り返される罪と、罰と、決して得られぬはずの赦しを願いながら-。エレメンタル・ファンタジー第5弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精霊使いの剣舞 (ブレイドダンス)
著作者等 志瑞 祐
書名ヨミ セイレイツカイ ノ ブレイド ダンス
書名別名 精霊使いの剣舞

Seireitsukai no bureido dansu
シリーズ名 MF文庫J し-04-11
巻冊次 5 (魔王殺しの聖剣)
出版元 メディアファクトリー
刊行年月 2011.11
ページ数 261p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8401-4299-1
全国書誌番号
22016186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想