負け方の王道

谷岡一郎 著

人生、勝ち続けることはできない。人は誰しも負けを経験する。では、勝者と敗者を決定付けるポイントは何だろうか。それは「負け方」だ。多くの日本人は「負けない(失敗しない)こと」を是とし、官僚に象徴されるように、時には「3勝1敗」の人物よりも「0勝0敗」の人物が出世することさえある。しかし、実際にビジネスの現場において、どちらが「できる」人物であるかは、自明の理だろう。成功する人は「負け方」を知っているのだ。本書ではベストセラー『ツキの法則』の著者、谷岡一郎氏が成功に結びつく負け方について、ギャンブルを例にしながら分かりやすく解説した。敗者諸君よ、君たちは敗北を誇れるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 負けたくない人々
  • 第2章 弱いプレイヤーの典型
  • 第3章 資本主義とは「賭け」のシステム
  • 第4章 ギャンブラーの錯覚
  • 第5章 偶然の要素-負けに不思議の負けなし
  • 第6章 正しい負け方-リスクとプライス・トゥ・ペイ
  • 第7章 本当に怖いギャンブラーとは-まとめに代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 負け方の王道
著作者等 谷岡 一郎
書名ヨミ マケカタ ノ オウドウ
書名別名 Makekata no odo
シリーズ名 マイコミ新書
出版元 毎日コミュニケーションズ
刊行年月 2011.3
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8399-3700-3
全国書誌番号
21919649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想