中世鷹書の文化伝承

二本松泰子 著

説話・和歌・縁起・鷹狩りの礼法・故実を記録する鷹書。東国と京都、堂上と地下-放鷹が象徴する権力や信仰にとどまらず教養と文化的位置づけから中世日本の放鷹文化に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 公家の鷹書(西園寺家の鷹術伝承-『西園寺家鷹口傳』をめぐって
  • 政頼流の鷹術伝承-『政頼流鷹方事』をめぐって
  • 下毛野氏の鷹術伝承-山城国乙訓郡調子家所蔵の鷹書をめぐって
  • 下毛野氏の鷹書-他流儀のテキストと比較して)
  • 第2編 東国の鷹書(諏訪流のテキストと四仏信仰
  • 諏訪流の鷹術伝承(1)-「みさご腹の鷹」説話の検討から
  • 諏訪流の鷹術伝承(2)-「せいらい」の展開と享受
  • 宇都宮の鷹書-『宇都宮社頭納鷹文抜書秘伝』をめぐって)
  • 中世鷹書の展開-越前国朝倉氏の鷹書をめぐって
  • 資料紹介 宮内庁書陵部蔵『啓蒙集』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世鷹書の文化伝承
著作者等 二本松 泰子
書名ヨミ チュウセイ タカショ ノ ブンカ デンショウ
書名別名 Chusei takasho no bunka densho
出版元 三弥井書店
刊行年月 2011.2
ページ数 346, 8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8382-3205-5
NCID BB05380169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21965105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想