友愛と現代社会 : 持続可能な社会の基底を求めて

野原敏雄 著

"自由""平等""友愛"を掲げたフランス人権宣言から220年余、社会理念の再創造が迫られる現代に、いま提示される"友愛"の人間原理。4つの実話に基づき、グローバリズムを突き崩す友愛集団の可能性を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 奇妙な夢を見て考えたこと
  • 第1部 友愛活動四つの話題(走る"あぼ兄イ"とその仲間たち-笑顔と活力に満ちた農村づくりと農業小学校の実践
  • 地域をほりおこす「ひなたぼっこ」の福祉力-21世紀の福祉労働を目指す小さな事業所の大きな試み
  • 『大人の権利としての伝統文化』集団づくり-「生活をいける華道 華原の会」の根底にあるもの
  • 偏りなく注ぐ、太陽を地域のエネルギーに-フロントランナーとしての「PVネット」の苦闘)
  • 第2部 友愛活動の理論化と現代的意味(友愛グループの成立・展開の基礎にあるもの
  • アージ理論から見た友愛グループ
  • 人類の基本原理となった友愛
  • 友愛の現代的意義-エピローグに代えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 友愛と現代社会 : 持続可能な社会の基底を求めて
著作者等 野原 敏雄
書名ヨミ ユウアイ ト ゲンダイ シャカイ : ジゾク カノウナ シャカイ ノ キテイ オ モトメテ
出版元 風媒社
刊行年月 2011.10
ページ数 300p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8331-5233-4
NCID BB07980112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22037703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想