コンテクストデザイン戦略 : 価値発現のための理論と実践

戦略研究学会 編集 ; 原田保, 三浦俊彦, 高井透 編著

従来型のビジネスモデルである「もの造り」と「現場依存」からの脱却が求められている。マーケティングやブランド戦略におけるコンテクストデザインの重要性を総合的に分析。11のコンテクストデザイン戦略に基づき12領域の成功事例36件を徹底分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • コンテクストデザインの戦略的意義-「もの造り至上主義」と「高質現場依存主義」からの脱却
  • 第1部 全体編(コンテクストデザインに至る理論の流れ-言語学・心理学・芸術・文化人類学・経営・マーケティングなどの先行研究レビュー
  • コンテクストデザインの戦略枠組み-競争優位の獲得のために)
  • 第2部 領域編(企業再生のコンテクストデザイン-コンテンツ価値の再認識を起点にした再生
  • 新事業創造のコンテクストデザイン-脱成熟に向けての新たな視点
  • 組織戦略のコンテクストデザイン-利害関係者全体の価値を高める ほか)
  • 第3部 インプリケーション編(コンテクストデザインの諸相に対する考察と要約-普遍的な解と個別的な解の総括と今後の課題
  • コンテクストデザイン戦略の可能性-関係性を踏まえて戦略の多様性を高める)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンテクストデザイン戦略 : 価値発現のための理論と実践
著作者等 三浦 俊彦
原田 保
戦略研究学会
高井 透
書名ヨミ コンテクスト デザイン センリャク : カチ ハツゲン ノ タメ ノ リロン ト ジッセン
書名別名 Kontekusuto dezain senryaku
シリーズ名 叢書アカデミア 4
出版元 芙蓉書房
刊行年月 2012.11
ページ数 402p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8295-0564-9
NCID BB11107051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22176462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想