笑えるほどたちが悪い韓国の話

竹田恒泰 著

相手にしたくないけど、あいた口がふさがらないほど笑える彼の国の人々。悪韓論?、いいえ無韓論です!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 韓国は「どうでもいい国」
  • 第1章 ウソで塗り固めるのが韓国流
  • 第2章 成熟を忘れたカナリアたち-韓国社会の人々
  • 第3章 民族まるごとモンスター・クレイマー
  • 第4章 正しい歴史認識1-だってキミたちと戦争なんかしてないじゃん
  • 第5章 正しい歴史認識2-だから戦後補償は終わってるんだって!
  • 第6章 "理"よりも"情"の判決連発-どこが法治国家じゃ
  • 第7章 韓国経済を過大評価するなかれ
  • 第8章 韓国の統治機構を解読する
  • おわりに 結局、韓国とはどうすればよいか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 笑えるほどたちが悪い韓国の話
著作者等 竹田 恒泰
書名ヨミ ワラエル ホド タチ ガ ワルイ カンコク ノ ハナシ : マタ タケダ ツネヤス チャンネル オ ホン ニ シテ ミタ
書名別名 また「竹田恒泰チャンネル」を本にしてみた!

Waraeru hodo tachi ga warui kankoku no hanashi
出版元 ビジネス社
刊行年月 2014.3
ページ数 258p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8284-1744-8
NCID BB15477992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22388492
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想