近代統計制度の国際比較 : ヨーロッパとアジアにおける社会統計の成立と展開

安元稔 編著

近代統計制度はどのように確立されてきたか。イギリス・ドイツ・スウェーデン、そして日本および日本統治下台湾の人口センサスをもとに比較史的に分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 スウェーデンにおける人口統計の生成-教区簿冊と人口表
  • 第2章 ドイツにおける国勢調査の成立と展開
  • 第3章 近代センサスの成立過程-イギリスの事例
  • 第4章 ヴィクトリアン・センサス-1841年センサスの成立
  • 第5章 日本における人口センサス
  • 第6章 日本の植民地行政と植民地統計-第一回臨時台湾戸口調査の実施過程とその背景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代統計制度の国際比較 : ヨーロッパとアジアにおける社会統計の成立と展開
著作者等 安元 稔
書名ヨミ キンダイ トウケイ セイド ノ コクサイ ヒカク : ヨーロッパ ト アジア ニ オケル シャカイ トウケイ ノ セイリツ ト テンカイ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2007.12
ページ数 280p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-1966-5
NCID BA84316237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21362442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想