知識社会のゆくえ : プチ専門家症候群を超えて

総合研究開発機構, 木場隆夫 編著

知識産業、知識労働、知識経済…。環境問題、貧富格差、リスク増大など地球規模の問題に「知識」は正面から受け止めているのか。「知識社会」の矛盾にどう向き合うか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 知識社会の新たな視点
  • 第1章 知識社会の登場
  • 第2章 国家の機能低下と市民の発言力の高まり
  • 第3章 専門家と市民-知識社会の担い手の関係
  • 第4章 風力発電と薬害防止-知識の新たな役割
  • 第5章 知識社会への飛躍

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知識社会のゆくえ : プチ専門家症候群を超えて
著作者等 木場 隆夫
総合研究開発機構
NIRA
書名ヨミ チシキ シャカイ ノ ユクエ : プチ センモンカ ショウコウグン オ コエテ
書名別名 Chishiki shakai no yukue
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2003.11
ページ数 242p
大きさ 20cm
ISBN 481881556X
NCID BA64727840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20543285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想