世界が日本のことを考えている

共同通信社取材班 編

ネグリは原発を「怪物」と呼び、アンダーソンは日本のナショナリズムに期待を寄せ、鄭浩承は韓国が日本にいちばん近づいた日々を語る…共同通信社が東日本大震災後、世界の賢人17人に「3.11文明を問う」というテーマで連続インタビューを敢行-そこから聞こえてくる真摯な問いかけに、われわれはどう答えるのか?識者から届けられた深い「共感」と「問い」の言葉。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人は自分自身を救わねばなりません-ウ・ブニャ・サラ、アシン・バラ・サミ、ウ・パニャ・シリ(ミャンマー・僧侶)
  • 日本よ、泣かないでください-鄭浩承(韓国・詩人)
  • 自国のレベルに合わせてエネルギー源の多様化を-ワンガリ・マータイ(ケニア・環境保護活動家)
  • 市民が力を取り戻す機会-レベッカ・ソルニット(米・作家)
  • "全能"のおごりを捨てるとき-マリナ・シルバ(ブラジル元環境相)
  • 指導者は真実のみを語れ-エドアルド・シェワルナゼ(ソ連元外相)
  • 人類は原子力を制御できない-ゲアハルト・シュレーダー(ドイツ前首相)
  • 発揮された日米のパートナーシップ-ウォルター・モンデール(米元副大統領)
  • 絶望に響く言葉の力-マリオ・バルガス・リョサ(ペルー・作家)
  • 原子力は「怪物」である-アントニオ・ネグリ(伊・政治哲学者)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界が日本のことを考えている
著作者等 共同通信社
加藤 典洋
U Vunna Sara
共同通信社取材班
書名ヨミ セカイ ガ ニホン ノ コト オ カンガエテイル : 3 11 ゴ ノ ブンメイ オ トウ 17 ケンジン ノ メッセージ
書名別名 3.11後の文明を問う-17賢人のメッセージ

Sekai ga nihon no koto o kangaeteiru
出版元 太郎次郎社エディタス
刊行年月 2012.3
ページ数 271p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8118-0754-6
NCID BB08739920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22071985
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"全能"のおごりを捨てるとき マリナ・シルバ
3・11は世界のエネルギー政策の根本を変える ヨハン・ガルトゥング
「希望」のナショナリズム ベネディクト・アンダーソン
人は自分自身を救わねばなりません アシン・バラ・サミ, ウ・パニャ・シリ, ウ・ブニャ・サラ
人類は原子力を制御できない ゲアハルト・シュレーダー
原子力は「怪物」である アントニオ・ネグリ
島の核廃棄物に問題が起きたら、なすすべがない シャマン・ラポガン
市民が力を取り戻す機会 レベッカ・ソルニット
指導者は真実のみを語れ エドアルド・シェワルナゼ
日本よ、泣かないでください 鄭浩承
母なる自然のシグナルに目を凝らし、耳を傾けよう アピチャッポン・ウィーラセタクン
民主主義社会で進む統治制度の劣化 フランシス・フクヤマ
生態系の危機と現代文明 レスター・ブラウン
発揮された日米のパートナーシップ ウォルター・モンデール
科学者は難問に立ち向かえ アブドル・カラム
絶望に響く言葉の力 マリオ・バルガス・リョサ
自国のレベルに合わせてエネルギー源の多様化を ワンガリ・マータイ
解説 世界から、そして世界へ 加藤典洋
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想