すぐわかる日本の書 : 飛鳥時代~昭和初期の名筆

可成屋 編

[目次]

  • 第1章 日本の書の黎明期-文字の伝来から日本独自の書風の萌芽まで(聖徳太子「法華義疏」
  • 聖武天皇「雑集」 ほか)
  • 第2章 和様書の完成と仮名の展開-日本独自の書風の確立とその多様な展開(小野道風「智証大師諡号勅書」
  • 藤原佐理「離洛帖」 ほか)
  • 第3章 流派書道と墨跡の展開-和様書の類型化と宋・元新書風の流入(道元「普勧坐禅儀」
  • 親鸞「教行信証」 ほか)
  • 第4章 個性あふれる書の展開-書の担い手の多様化と表現の広がり(後奈良天皇「和歌懐紙」
  • 千利休「書状」 ほか)
  • 第5章 唐様と和様の二極分化-江戸時代の二大潮流と現代書道への胎動(松尾芭蕉「短冊」
  • 近衛家煕「和歌懐紙」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すぐわかる日本の書 : 飛鳥時代~昭和初期の名筆
著作者等 可成屋
書名ヨミ スグ ワカル ニホン ノ ショ : アスカ ジダイ ショウワ ショキ ノ メイヒツ
書名別名 Sugu wakaru nihon no sho
出版元 東京美術
刊行年月 2002.12
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 4808707349
NCID BA59940893
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20352208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想