たった一人の30年戦争

小野田寛郎 著

戦後50年。だがルバング島"最後の帰還兵"の元少尉には戦後20年だ。男が生と死のはざまで見つめた戦争と平和。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ブラジルの日々
  • 30年目の投降命令
  • フィリピン戦線へ
  • ルバング島での戦闘
  • 密林の「残置諜者」
  • 「救出」は米軍の謀略工作だ
  • 終戦28年目、小塚一等兵の"戦死"
  • たった一人の任務遂行
  • 帰還、狂騒と虚脱と
  • 生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たった一人の30年戦争
著作者等 小野田 寛郎
書名ヨミ タッタ ヒトリ ノ サンジュウネン センソウ
書名別名 Tatta hitori no sanjunen senso
出版元 東京新聞出版局
刊行年月 1995.8
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4808305356
NCID BN13775393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95079716
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想