思想としての「無印良品」 : 時代と消費と日本と

深澤徳 著

[目次]

  • 序章 「無印世代」として
  • 第1章 無印良品の沿革(前史
  • 草創期
  • 発展期
  • 現在から未来へ)
  • 第2章 「無印良品」という思想(「反体制」の意味
  • 「私」の浮上
  • メディア・テクノロジーとパーソナル化
  • パーソナル化と西武/セゾン文化
  • 所有から編集へ
  • コンテンツからコンテクストへ
  • 原点の所在
  • 顕示の方向 経済資本軸と文化資本軸
  • 日本の在り処)
  • 第3章 両義性としての「無印良品」(「生活者」と「虚焦点」
  • 「両義性」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想としての「無印良品」 : 時代と消費と日本と
著作者等 深澤 徳
書名ヨミ シソウ ト シテ ノ ムジルシ リョウヒン : ジダイ ト ショウヒ ト ニホン ト
書名別名 Shiso to shite no mujirushi ryohin
出版元 千倉書房
刊行年月 2011.6
ページ数 234p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8051-0970-0
NCID BB06031846
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21940622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想