天皇とは何か

井沢元彦, 島田裕巳 著

いったい「天皇」とは何者なのか?素朴ながら難しいこの問いに対し、歴史、宗教、制度などの観点から多角的に対談、日本人と日本社会のアイデンティティーを掘り下げる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天皇とは何が特別なのか-天皇の特異性(天皇家に姓がない
  • 天皇の「天」は実は姓だった!? ほか)
  • 第2章 天皇はどこからやってきたのか-天皇の来歴(日本神話では世界は「何となく」生まれている
  • 「始まり」を尊ぶのは一神教的な感覚 ほか)
  • 第3章 天皇はどう変わってきたか?-天皇の歴史的変遷(天皇はなぜ頂点にいられるのか
  • 藤原氏は天皇になろうとしなかった ほか)
  • 第4章 天皇家の行く先は-天皇のこれから(天皇は「庶民的」になった
  • 学校でも天皇については教わらない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇とは何か
著作者等 井沢 元彦
島田 裕巳
書名ヨミ テンノウ トワ ナニカ
書名別名 Tenno towa nanika
シリーズ名 宝島社新書 374
出版元 宝島社
刊行年月 2013.2
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8002-0518-6
NCID BB11823209
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22206421
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想