インテンション・エコノミー : 顧客が支配する経済

ドク・サールズ 著 ; 栗原潔 訳

顧客情報の多くは正しくない!顧客がポイントカードや会員割引きをどのように「使っている」のかはデータは教えてくれるがどのように「感じている」のかは教えてくれない。ビッグデータ+CRMの限界。このままでは顧客の真のロイヤルティは得られない!顧客の「意思」で企業を選択するVRM(企業関係管理)の世界へシフト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 顧客の囲い込み(広告バブル
  • 誰に囲い込まれるか ほか)
  • 第2部 ネットワーク化された市場(ネットの苦痛
  • ライブウェブ ほか)
  • 第3部 解放された顧客(個人的自由
  • VRM ほか)
  • 第4部 解放された企業(顧客と企業のダンス
  • 共通の利害 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インテンション・エコノミー : 顧客が支配する経済
著作者等 Searls, Doc
栗原 潔
サールズ ドク
書名ヨミ インテンション エコノミー : コキャク ガ シハイ スル ケイザイ
書名別名 The Intention Economy

Intenshon ekonomi
シリーズ名 Harvard Business School Press
出版元 翔泳社
刊行年月 2013.3
ページ数 419p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7981-3026-2
NCID BB12243485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22219368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想