不識塾が選んだ「資本主義以後」を生きるための教養書

中谷巌 編

名著「資本主義はなぜ自壊したのか」の出発点はここにあった。「日本一小さな私塾」でビジネスエリートたちは何を学んでいるのか?自らを知り、未来を識る-そのための羅針盤が「リベラル・アーツ」だ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「ポスト資本主義」時代を歴史から考える
  • 2 グローバル人材のための「民主主義原論」
  • 3 比較文明史から考える「日本の未来」
  • 4 不識塾で学んだ保守主義の意味
  • 5 西田哲学とスティーブ・ジョブズ
  • 6 異文化を知るにはまず宗教から
  • 7 「日本人らしさ」の逆説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不識塾が選んだ「資本主義以後」を生きるための教養書
著作者等 中谷 巌
書名ヨミ フシキジュク ガ エランダ シホン シュギ イゴ オ イキル タメ ノ キョウヨウショ
書名別名 Fushikijuku ga eranda shihon shugi igo o ikiru tame no kyoyosho
出版元 集英社インターナショナル : 集英社
刊行年月 2013.2
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7976-7237-4
NCID BB1205062X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22202500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想