なぜ人はゲームにハマるのか

渡辺修司, 中村彰憲 著

つい熱中し、プレイし続けてしまう要因は何なのか。ゲーム性の概念を明らかにし、"おもしろい"の原子に迫る!ゲーム体験を現実世界の延長であると捉え、人がゲームに没入してしまう理由を、我々自身の性質から分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ゲームの定義
  • シューティングゲームの歴史とゲーム性
  • ゲーム記号学
  • ゲームと身体
  • ゲームと視点
  • ゲームと世界
  • ゲームと触覚
  • 分析「ワンダと巨像」
  • ゲームに夢中になる理由
  • 難易度バランスの演出と効率予測
  • ルドとゲームデザインのメカニズム
  • ナラティブとナレーム
  • アーキテクチャ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ人はゲームにハマるのか
著作者等 中村 彰憲
渡辺 修司
書名ヨミ ナゼ ヒト ワ ゲーム ニ ハマル ノカ : カイハツ ゲンバ カラ エタ ゲームセイ ノ ホンシツ
書名別名 開発現場から得た「ゲーム性」の本質

Naze hito wa gemu ni hamaru noka
出版元 SBクリエイティブ
刊行年月 2014.4
ページ数 192p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7973-7621-0
NCID BB15462179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22393037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想