ヒット商品を最初に買う人たち

森行生 著

ゲームオタクには相手にされなかった「ニンテンドーDS」。二流の音響機器と思われていた「iPod」。中年男性以外が買っていた「ヘルシア緑茶」など。最初は失敗作と思われていた商品が、その後なぜヒットしたのか?そのカギは、最初の買う人たち=イノベータが握っていた。気鋭のマーケターが解き明かす最新ヒット現象の裏舞台。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 最初に手を出す人たち(中年男性は「ヘルシア緑茶」を買ってない
  • ゲームオタクには相手にされなかった「ニンテンドーDS」 ほか)
  • 第2章 ヒットを作る「イノベータ」たち(ヒットの仕組みを説明する「イノベータ理論」
  • 女子高生≠イノベータ ほか)
  • 第3章 ヒットの寿命もイノベータ次第(プロダクトライフサイクル
  • 商品の寿命の予測は難しい ほか)
  • 第4章 ヒットを狙う企業の戦略(電車男が出版を変えた?
  • ブログで予想外のヒットになった「時をかける少女」 ほか)
  • 第5章 ゲームのルールを変える革新的イノベータ(ゲームにはルールがある
  • ゲームのルールを変えた「ペディグリー・チャム」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒット商品を最初に買う人たち
著作者等 森 行生
書名ヨミ ヒット ショウヒン オ サイショ ニ カウ ヒトタチ
書名別名 Hitto shohin o saisho ni kau hitotachi
シリーズ名 ソフトバンク新書
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2007.3
ページ数 159p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-4046-4
NCID BA81396342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21210812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想