石原莞爾 : 満州国を作った男

別冊宝島編集部 編

死後59年を経てなお、人々を魅了してやまない昭和期最大の天才軍人、石原莞爾。世界最終戦争論を唱えた彼は、満州事変を引き起こし、その後の二・二六事件では反乱軍討伐を主張。日本陸軍の中にありながら、その自由で縦横無尽な生き方が世代を超えて支持される一方、謎の多い人物でもある。本書は、生い立ちから軍人としての活躍、そして晩年の様子まで、あますところなく石原莞爾に迫った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 若き日の石原莞爾(1889〜1927年)(その生涯1 若き日の石原莞爾 天才参謀誕生す!-石原莞爾年譜(1)
  • 石原莞爾のふるさと 山形県鶴岡&酒田 ほか)
  • 第2章 満州事変(1928〜1935年)(学校では教えない日本の歴史 満州国の今と昔
  • 満州事変の歴史を追う! 謀略!戦史"満州事変" ほか)
  • 第3章 二・二六事件(1936〜1941年)(実録小説 「二・二六事件」と石原莞爾
  • インタビュー第一部・筒井清忠史 青年将校と石原莞爾 ほか)
  • 第4章 思想家・石原莞爾(1941〜1949年)(最終戦争論を読むPART1 石原莞爾の行動原理
  • 最終戦争論を読むPART2 日蓮がもたらした影響 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石原莞爾 : 満州国を作った男
著作者等 宝島社
別冊宝島編集部
書名ヨミ イシハラ カンジ : マンシュウコク オ ツクッタ オトコ
シリーズ名 宝島sugoi文庫
出版元 宝島社
刊行年月 2008.8
ページ数 251p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7966-6492-9
NCID BB08012536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21459150
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想