涙の理由

重松清, 茂木健一郎 著

小説家と脳科学者が涙について考えた。「涙を流すとき、脳では何が起こっているんだろう」。小説家と脳科学者の涙の理由を探す旅が始まる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 TVで見た悲しい事件に怒りを覚える理由(重松清作品とやるせなさ
  • 小説は「社会に対するお土産」 ほか)
  • 第2章 「涙」は「さんずいに戻る」と書く(人はなぜ悲しいと涙を流すのだろう
  • もし、涙が指先から滴るものだったら ほか)
  • 第3章 有限の生しか持ちえない私達ができること(対論「涙の理由」
  • 文学の中にある「涙の理由」の本質 ほか)
  • 第4章 それぞれの時代の涙(涙は感染するのだろうか
  • 「歌舞伎の涙」と「男の涙」 ほか)
  • 第5章 いつか「自分だけの涙」を流すために(イチローの涙と清原の涙
  • 涙の所有権 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 涙の理由
著作者等 茂木 健一郎
重松 清
書名ヨミ ナミダ ノ リユウ
書名別名 Namida no riyu
出版元 宝島社
刊行年月 2009.2
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7966-6441-7
NCID BA89037547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21548513
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想