期間限定の思想

内田樹 著

大好評を博した、よきおじさんとして生きるための必読知的参考書『「おじさん」的思考』に続いて贈る、おじさんエッセイ第2弾。成熟した大人である「ウチダ先生」が、現代思想の知見をふまえ、「仮想女子大生」を相手に大人になるための説教十一番勝負。さらに政治家たちの疑惑の構造から外務省の不祥事まで、現代日本の「困った問題」に対しては、目からウロコの暴論奇論で一刀両断。現代思想の研究家であり、武道家であり、全身豆知識とも呼ばれる著者が、その薀蓄を傾けて熱く語る、日本社会への苦元・提言集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 街場の現代思想(パートナー・デバイドの光と影
  • 「大人になる」とはどういうことか
  • ひとはなぜ仕事をするのか ほか)
  • 第2章 説教値千金(社員をバカ化する企業の終焉
  • 覚悟も責任感も欠落した日本の官僚たち
  • 瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず ほか)
  • 第3章 私事で恐縮ですが(私の専門-『寝ながら学べる構造主義』刊行によせて
  • ほっこり日々断章
  • ロングインタビュー-失われたおじさん像を求めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 期間限定の思想
著作者等 内田 樹
書名ヨミ キカン ゲンテイ ノ シソウ
書名別名 Kikan gentei no shiso
シリーズ名 「おじさん」的思考 2
出版元 晶文社
刊行年月 2002.11
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4794965494
NCID BA59280896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20338292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想