未来におきたいものは

鶴見俊輔 著

14人の語り手と老哲学者が歴史と生き方と考え方について語り明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「揺すぶり読み」の力(大江健三郎)
  • 再会(金芝河)
  • 老いの奥行き(富岡多恵子)
  • 老人力と赤ん坊力(赤瀬川原平)
  • カードシステム事始(多田道太郎)
  • 繰り返し読むということ(片岡義男)
  • ひとりで歩ける人(奈良美智)
  • 笑う骸骨(横尾忠則)
  • たよりになるのは、エゴイスト(福島瑞穂)
  • 私の中のアメリカ(西島建男)
  • 歴史の遠近法(加藤典洋・赤坂憲雄)
  • 二〇〇一年九月十一日(室謙二)
  • いま、私たちの立っている場所(橋本治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未来におきたいものは
著作者等 鶴見 俊輔
書名ヨミ ミライ ニ オキタイ モノ ワ : ツルミ シュンスケ タイダンシュウ
書名別名 鶴見俊輔対談集

Mirai ni okitai mono wa
出版元 晶文社
刊行年月 2002.6
ページ数 391p
大きさ 20cm
ISBN 4794948719
NCID BA57032805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20289440
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想