ぼくの日本自動車史

徳大寺有恒 著

1955年、初代クラウンが登場した年、ぼくは運転免許をとった-戦後、次々と登場した国産車のほとんどに同時代として乗りまくった著者の体験的自動車史。スカイライン、スバル1000など、かつて日本の自動車産業が無謀なまでの情熱にあふれていた時代に産みだされた国産名車が続々登場。「クルマはその国の国民性を体現したクルマになる」と語る著者。いま大きな変革期にある自動車の行く末を見極めるためにも、来し方をじっくり振り返れる貴重な一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 すべてはクラウンから始まる
  • 第2章 国産車の方向は決定された
  • 第3章 BC戦争の始まり
  • 第4章 ぼくの乗った軽自動車たち
  • 第5章 消えてしまったクルマたち
  • 第6章 サニーはなぜカローラに負けたのか
  • 第7章 スポーツカーこそわが命
  • 第8章 『間違いだらけ』を出してから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくの日本自動車史
著作者等 徳大寺 有恒
書名ヨミ ボク ノ ニホン ジドウシャシ
書名別名 Boku no nihon jidoshashi
シリーズ名 草思社文庫
出版元 草思社
刊行年月 2011.6
ページ数 446p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7942-1833-9
NCID BB07065377
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21937689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想