2000年間で最大の発明は何か

ジョン・ブロックマン 編 ; 高橋健次 訳

2000年を間近に控えて、ネット上に一つの問いが発せられた。「2000年間で最大の発明は何か、その理由は?」。この質問に刺激され、100人を超える第一線の科学者・思想家からさまざまな回答が寄せられた。われわれは、なぜ今のような毎日を送ることができるのか、どこへ行こうとしているのか。発明を通して過去2000年を振り返り、人類史を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 発明が生活を変えた(印刷機
  • 電動モーター
  • 長距離通信
  • 静電気をつくる機械 ほか)
  • 第2部 発明が思考を変えた(超自然現象を信じないこと
  • 民主主義と社会正義
  • 平等の理念など
  • 特別でないと自覚したこと
  • アルファベットとレンズ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 2000年間で最大の発明は何か
著作者等 Brockman, John
高橋 健次
ブロックマン ジョン
書名ヨミ 2000ネンカン デ サイダイ ノ ハツメイ ワ ナニカ
書名別名 The greatest inventions of the past 2000 years

2000nenkan de saidai no hatsumei wa nanika
出版元 草思社
刊行年月 2000.1
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4794209363
NCID BA44857832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20027431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想