インターネットはからっぽの洞窟

クリフォード・ストール 著 ; 倉骨彰 訳

いまや世をあげてのインターネット大ブーム。猫も杓子もネットサーフィンできなきゃ時代に遅れると強迫観念まがいの狂乱ぶり。「ちょっと待ってほしい!」と異議をとなえるのがこの本。たしかにインターネットには素晴らしい面がある。だが、いま世間に喧伝されているのは、あまりにも誇張された物語ばかりだ。インターネットで仕事が変わり、社会が変わり、世界が変わる-でも、本当にそうなんだろうか?ネットワーク歴15年にもなる著者は、いまのブームに危険なものを感じている。このままでは、人と人との交流が薄まり、現実への関心がなくなって、社会の大切な部分が失われてしまう。インターネットは、理想の楽園という幻想で満たされた、からっぽの洞窟なのだ…。『カッコウはコンピュータに卵を産む』の著者がインターネット・ブームの危険な落とし穴を指摘。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • インターネットについての洞窟学的序説
  • ネットワーク神話と幻影のない町
  • コンピュータが人間を使うということ
  • 標識なき迷路、恐るべきマニュアル
  • デジタル世界のはかない運命
  • 色えんぴつとカラーモニタ
  • サイバービジネスと電脳監獄
  • ネットを飛びかうからっぽの会話
  • ハイテク教室の子供たち
  • かたつむりメール、電子メール、がらくたメール〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インターネットはからっぽの洞窟
著作者等 Stoll, Clifford
倉骨 彰
ストール クリフォード
書名ヨミ インターネット ワ カラッポ ノ ドウクツ
書名別名 Silicon snake oil
出版元 草思社
刊行年月 1997.1
ページ数 405p
大きさ 20cm
ISBN 4794207433
NCID BN15850456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97051834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想