心臓の科学史

ロブ・ダン 著 ; 高橋洋 訳

医学の天才によるメカニズムの解明、史上初の心臓外科手術の衝撃、カテーテル治療やバイパス手術などの開拓、心臓移植や人工心臓への長い苦闘、病の正体とその起源の探求、そして、さらなる長寿の夢…命の臓器をめぐる迫真のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心臓手術の夜明けをもたらした酒場のけんか
  • 心臓の王子
  • 芸術が科学を発明する
  • 血液の軌道
  • 心臓をむしばむプラークを見る
  • 心臓のリズムを作り出す装置
  • フランケンシュタイン博士の怪物
  • 原子力で動くウシの心臓
  • 羽より軽い心臓
  • 壊れた心臓を修理する
  • 戦争とキノコ
  • 完全なダイエット
  • 甲虫とタバコ
  • 壊れた心臓について書かれた本
  • 壊れた心臓の進化
  • 心臓病を砂糖でくるむ
  • 自然法則を免れる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心臓の科学史
著作者等 Dunn, Rob R
高橋 洋
Dunn Rob
ダン ロブ
書名ヨミ シンゾウ ノ カガクシ : コダイ ノ ハッケン カラ ゲンダイ ノ サイシン イリョウ マデ
書名別名 THE MAN WHO TOUCHED HIS OWN HEART

古代の「発見」から現代の最新医療まで
出版元 青土社
刊行年月 2016.5
ページ数 440,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6922-3
NCID BB21230779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22746867
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想