ネット・バカ : インターネットがわたしたちの脳にしていること

ニコラス・G.カー 著 ; 篠儀直子 訳

「グーグル化」でヒトはバカになる。グーグルで知らないことを検索し、ツイッターで日常をつぶやき、iPadで本を買って読む。さまざまなインターネットメディアを当たり前のように使う日常のなかで、実は私たちの脳は少しずつ変化しているのだ。『クラウド化する世界』の著者がメディア論から神経科学までを使って暴きだす、まだ誰も知らない驚きの真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-番犬と泥棒
  • HALとわたし
  • 生命の水路
  • 精神の道具
  • 深まるページ
  • 最も一般的な性質を持つメディア
  • 本そのもののイメージ
  • ジャグラーの脳
  • グーグルという教会
  • サーチ、メモリー〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネット・バカ : インターネットがわたしたちの脳にしていること
著作者等 Carr, Nicholas G
篠儀 直子
カー ニコラス・G.
書名ヨミ ネット バカ : インターネット ガ ワタシタチ ノ ノウ ニ シテイル コト
書名別名 The shallows
出版元 青土社
刊行年月 2010.7
ページ数 359, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6555-3
NCID BB02840182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21808500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想