神話が考える : ネットワーク社会の文化論

福嶋亮大 著

[目次]

  • 第1章 ポストモダンの公私(今日のハイパーリアリティ
  • リゾーム化するサブカルチャー
  • ポストモダンの公私)
  • 第2章 神話の神話(リンクと想像力
  • 喪の作業
  • 時間操作
  • リズムの衝突)
  • 第3章 象徴的なものについて(感情資本・自己組織化・構造主義
  • 擬似宗教)
  • 第4章 ネットワーク時代の文学-村上春樹前後(コミュニケーションの地平
  • ライトノベルとケータイ小説
  • 村上春樹
  • ハードボイルド的主体性)
  • 第5章 ゲームが考える-美学的なもの(ゲームと機知
  • ルイス・キャロルの文学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神話が考える : ネットワーク社会の文化論
著作者等 福嶋 亮大
書名ヨミ シンワ ガ カンガエル : ネットワーク シャカイ ノ ブンカロン
書名別名 Shinwa ga kangaeru
出版元 青土社
刊行年月 2010.4
ページ数 325, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6527-0
NCID BB01643222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21740616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想