ネット検索革命

アレクサンダー・ハラヴェ 著 ; 田畑暁生 訳

検索、それは万能の叡知か?それとも見せかけの神託か?グーグル、ヤフー、MSN、百度…。もはや私たちの生活に欠かすことができないものとなったネット検索は、政治・経済・文化を動かす重要なファクターに成長し、「検索社会」と呼ぶべき状況を呈している。しかしほんとうに世界中の情報を参照し、叡知のツールとして駆使することができるのか?検索エンジン戦争の帰趨やソーシャブル・サーチなどの可能性から、検閲、自主規制、プライバシー、意図的操作などの諸問題まで。検索がもたらした社会の変容と未来を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 検索エンジン
  • 第2章 検索すること
  • 第3章 注目
  • 第4章 知識と民主主義
  • 第5章 検閲
  • 第6章 プライバシー
  • 第7章 ソーシャブル・サーチ
  • 第8章 未来を見つける

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネット検索革命
著作者等 Halavais, Alexander M. Campbell
田畑 暁生
Halavais Alexander
ハラヴェ アレクサンダー
書名ヨミ ネット ケンサク カクメイ
書名別名 Search engine society
出版元 青土社
刊行年月 2009.12
ページ数 251, 35p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6519-5
NCID BB00200452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21685110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想