精神医学の歴史 : 隔離の時代から薬物治療の時代まで

エドワード・ショーター 著 ; 木村定 訳

近現代とは、われわれが心の病に直面し格闘した時代だった。隔離収容から温泉療法、催眠、精神分析、ショック療法、そして現代の薬物研究の成果プロザックまで。めまぐるしい療法・学説の変遷と社会文化的背景を詳細かつあざやかにまとめあげた、初の本格的通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 精神医学の誕生
  • 第2章 アサイラムの時代
  • 第3章 初期の生物学的精神医学
  • 第4章 神経
  • 第5章 精神分析による裂け目
  • 第6章 代わりのもの
  • 第7章 現代の生物学的精神医学
  • 第8章 フロイトからプロザックへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神医学の歴史 : 隔離の時代から薬物治療の時代まで
著作者等 Shorter, Edward
木村 定
ショーター エドワード
書名ヨミ セイシン イガク ノ レキシ : カクリ ノ ジダイ カラ ヤクブツ チリョウ ノ ジダイ マデ
書名別名 A history of psychiatry

Seishin igaku no rekishi
出版元 青土社
刊行年月 1999.11
ページ数 391, 19p
大きさ 20cm
ISBN 4791757645
NCID BA43774139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20063804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想