鶴見俊輔と希望の社会学

原田達 著

戦後知識人のひとつの形。「マゾヒスティックな知識人」鶴見俊輔の視線の先には、日常を生きる「ふつうの人びと」の姿があった-「仮託の思想家」鶴見俊輔の軌跡をたどり、戦後日本の知識人の形を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 荷風から
  • 第1章 ある知的マゾヒストの誕生
  • 第2章 鶴見俊輔の社交資本
  • 第3章 他者を語ること
  • 第4章 和子と俊輔
  • 第5章 「人びと」と希望の社会学
  • 資料 鶴見俊輔の人的ネットワーク

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鶴見俊輔と希望の社会学
著作者等 原田 達
書名ヨミ ツルミ シュンスケ ト キボウ ノ シャカイガク
書名別名 Tsurumi shunsuke to kibo no shakaigaku
出版元 世界思想社
刊行年月 2001.12
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 4790709078
NCID BA54737586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20242476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想