忍者のラビリンス

天野仁 著

忍法のルーツを人類文化史的にたどり、その本質を21世紀の科学者の目で解析する、異色の忍術秘伝書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いざ迷宮へ(東京で「くの一」と話をする
  • 猿飛佐助は本当にいたのか ほか)
  • 第2章 技法さぐりの迷宮(科学的に忍法を考えるとは
  • 隠形のことなど ほか)
  • 第3章 ルーツさぐりの迷宮(文化史を辿る必要性
  • 舞楽の伝来 ほか)
  • 第4章 迷宮を出られるか(秦氏集団のかかわり
  • 能楽も忍法か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忍者のラビリンス
著作者等 天野 仁
書名ヨミ ニンジャ ノ ラビリンス
書名別名 Ninja no rabirinsu
出版元 創土社
刊行年月 2001.11
ページ数 248p
大きさ 20cm
ISBN 4789301087
NCID BA54597068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20219705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想