藻類の多様性と系統

千原光雄 編

本書の第1部では、歴史的に藻類の多様性がどのように研究され、認識されてきたか、そしてそれに伴って分類体系がどのように変遷して今日にいたったかを解説する。さらに藻の分布や日常生活における藻の多様な利用などについても言及した。第2部では「さまざまな形質からみた藻類の多様性と系統・進化」を論じる。取り上げる形質はDNA、葉緑体、光合成色素、鞭毛、生殖、光運動、概日時計、細胞内共生など、その範囲は分子レベル、細胞レベルから個体レベルに及び、最近の研究成果に基づく論議が展開される。第3部は藻類の各群ごとの解説で、藻類を11の門に分け、それぞれの門について、生育、光合成色素、形態、細胞構造、生殖、生活環などの特徴を述べ、さらに分類・系統にも言及した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 藻類の多様性と分類体系(藻類の多様性
  • 藻類の多様性研究の歴史)
  • 第2部 さまざまな形質からみた藻類の多様性と系統・進化(分子系統学からみた多様性
  • 葉緑体にみる多様性
  • 光合成色素にみる多様性 ほか)
  • 第3部 植物群ごとの特徴-図版解説とコラム(藍色植物門
  • 原核緑色植物門
  • 灰色植物門 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藻類の多様性と系統
著作者等 千原 光雄
馬渡 峻輔
岩槻 邦男
書名ヨミ ソウルイ ノ タヨウセイ ト ケイトウ
書名別名 Sorui no tayosei to keito
シリーズ名 バイオディバーシティ・シリーズ / 岩槻邦男, 馬渡峻輔 監修 3
出版元 裳華房
刊行年月 1999.7
ページ数 346p
大きさ 21cm
ISBN 4785358262
NCID BA42273003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99116923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想