中世京都の空間構造と礼節体系

桃崎有一郎 著

[目次]

  • 中世公家社会における路頭礼秩序-成立・沿革・所作
  • 中世武家社会の路頭礼・乗物と公武の身分秩序
  • 中世洛中における街路通行者と第宅居住者の礼節的関係-門前・第宅四面と広義の路頭礼
  • 中世里内裏の空間構造と「陣」-「陣」の多義性と「陣中」の範囲
  • 中世里内裏陣中の構造と空間的性質-公家社会の意識と「宮中」の治安
  • 中世における朝儀出仕と里内裏周辺空間秩序-陣中・陣家・外直廬と乗車忌避
  • 陣家出仕の盛行と南北朝・室町期朝儀体系の略儀化-公家社会の経済的窮乏と室町殿義満の朝廷支配
  • 「裏築地」に見る室町期公家社会の身分秩序-治天・室町殿と名家の消長
  • 中世後期身分秩序における天皇と上皇・室町殿-身分尺度としての陣中・洛中の分析から
  • 裏築地の起源・沿革・終焉と中世の里内裏
  • 内裏・院御所・京都論の動向と陣中・裏築地論の論点
  • 結論と展望-室町期身分制度と天皇・治天・室町殿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世京都の空間構造と礼節体系
著作者等 桃崎 有一郎
書名ヨミ チュウセイ キョウト ノ クウカン コウゾウ ト レイセツ タイケイ
出版元 思文閣
刊行年月 2010.2
ページ数 560, 16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1502-7
NCID BB01454682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21748030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想