中国銅銭の世界 : 銭貨から経済史へ

宮澤知之 著

[目次]

  • 宝貝はどのような貨幣か
  • 青銅貨幣の出現
  • いわゆる戦国貨幣の統一-半両銭
  • 財政貨幣の成立-五銖銭の歴史的位置
  • 巨大幣値の出現-王莽銭と呉・蜀の大銭
  • 貨幣単位「文」「貫」の成立-魏晋南北朝
  • 私鋳銭の時代-開元通宝と私鋳銭の二元構造
  • 支配の正当性-五代十国
  • 年号銭の時代-宋代独裁君主の貨幣
  • 鉄銭の論理
  • 東アジアの通貨
  • 紙幣時代の銅銭-元代の鈔と銅銭
  • 中国における通貨体制の転換-明代における財政貨幣の崩壊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国銅銭の世界 : 銭貨から経済史へ
著作者等 宮澤 知之
書名ヨミ チュウゴク ドウセン ノ セカイ : センカ カラ ケイザイシ ヘ
シリーズ名 佛教大学鷹陵文化叢書 16
出版元 佛教大学通信教育部 : 思文閣出版
刊行年月 2007.3
ページ数 318p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7842-1346-7
NCID BA81398439
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21221000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想