公家と武家の比較文明史 : 国際シンポジウム

笠谷和比古 編

本書は二〇〇三年三月一〇日から一週間にわたり、国際日本文化研究センターにおいて開催された歴史学国際集会「公家と武家-その比較文明史的研究-」に基づく論集である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文人型社会と戦士型社会(天皇・公家・武家
  • 新羅王朝の貴族制秩序における変革の本性-武人貴族制から官人制的貴族制への転換の過程
  • 武官と文官-高麗王朝における均衡状態の模索
  • 中世盛期の戦士貴族社会における紛争のルール)
  • 2 王権と儀礼(中国周代の儀礼と王権
  • 王、カリフもしくはスルタン-一九二〇年、シリアはなぜ王政を選んだのか
  • ローマ皇帝からビザンツ皇帝へ
  • 「礼」「御武威」「雅び」-徳川政権の儀礼と儒学)
  • 3 貴族とは何か(日本古代の貴族
  • 貴族とは何か-東アジアの場合
  • 貴族とは何か-西ヨーロッパ中世の場合)
  • 4 封建制度と官僚制度(九〜一二世紀フランスにおける王権、権門、助言による統治
  • 日本中世における文人政治と武人政治
  • オスマン的家産官僚制とティマール体制
  • イングランドにおける後期封建制度-リッチモンドシャーの場合)
  • 5 思想・宗教・文化(江戸時代の政治・イデオロギー制度における神道の地位-吉田神道の場合
  • 朝鮮時代における両班の郷村支配と郷約
  • 騎士道とキリスト教)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公家と武家の比較文明史 : 国際シンポジウム
著作者等 笠谷 和比古
書名ヨミ クゲ ト ブケ ノ ヒカク ブンメイシ : コクサイ シンポジウム
書名別名 Kuge to buke no hikaku bunmeishi
出版元 思文閣
刊行年月 2005.8
ページ数 481, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4784212566
NCID BA73265928
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20881600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「礼」「御武威」「雅び」 渡辺浩
イングランドにおける後期封建制度 アンソニー・ポラード
オスマン的家産官僚制とティマール体制 鈴木薫
コメント1・イングランド一四・一五世紀の官僚制と国王家政 朝治啓三
コメント1・中世・近世社会における僧と神職 原田正俊
コメント1・中世中期の王国統治をいかに把握するか 西川洋一
コメント1・儀礼と王権、その在り方 藤善眞澄
コメント1・前近代における日本型官僚組織の特質 谷口昭
コメント1・徳川日本の「格式社会」 磯田道史
コメント1・戦士身分と正統な支配者 石井紫郎
コメント1・日本における暴力の宗教的正当化 平山朝治
コメント1・明清皇帝とビザンツ皇帝の即位儀礼の比較 谷井俊仁
コメント1・李報告へのコメント セルジュック・エセンベル
コメント1・武士の成立 源城政好
コメント1・王制・カリフ制・スルターン制 佐藤次高
コメント1・貴族の集団形成と紛争のルール 早川良弥
コメント1・高麗の文・武官と日麗の武人政権について 高橋昌明
コメント2・「礼」と「家・国一体化」及びその文化の特質 官文娜
コメント2・「騎士道とキリスト教」についての論評 アレキサンダー・ベネット
コメント2・ティマール体制と藩幕体制 藤井讓治
コメント2・バスタード・フューダリズム再考 井内太郎
コメント2・ローマ皇帝権力の本質と変容 南川高志
コメント2・中世ヨーロッパにおける紛争解決とコミュニケーション 服部良久
コメント2・中国の政治システムとの比較の視点より 平田茂樹
コメント2・天子制とカリフ制 三木亘
コメント2・封建制・領主制・官僚制 安元稔
コメント2・朝鮮と近世日本の比較 三谷博
コメント2・権力の正当性と宗教の機能について 加藤善朗
コメント2・江戸時代における儀式・儀礼の成立とその意味 根津寿夫
コメント2・王権と貴族・武人 辻正博
コメント2・院政期における知識人の役割 深沢徹
コメント3・姜報告とシュルツ報告によせて 平木實
ローマ皇帝からビザンツ皇帝へ 井上浩一
中世盛期の戦士貴族社会における紛争のルール ゲルト・アルトホーフ
中国周代の儀礼と王権 郭斉勇
九~一二世紀フランスにおける王権、権門、助言による統治 イヴ・サシエ
天皇・公家・武家 村井康彦
封建制度と官僚制度
思想・宗教・文化
文人型社会と戦士型社会
新羅王朝の貴族制秩序における変革の本性 姜希雄
日本中世における文人政治と武人政治 上横手雅敬
日本古代の貴族 朧谷寿
朝鮮時代における両班の郷村支配と郷約 李成茂
武官と文官 エドワード J.シュルツ, エドワード・J.シュルツ
江戸時代の政治・イデオロギー制度における神道の地位 フランソワ・マセ
王、カリフもしくはスルタン アブドゥール-カリム・ラフェク, アブドゥルカリーム・ラーフェク
王権と儀礼
貴族とは何か
貴族とは何か-東アジアの場合 池田温
貴族とは何か-西ヨーロッパ中世の場合 江川温
騎士道とキリスト教 リチャード W.ケゥパー, リチャード・W.ケゥパー
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想