ぴっちとりた まよなかのサーカス

ながおたくま 作

ある静かな夜、猫のぴっちとりたは部屋にあった穴に転がったボールを追いかけていく。そこはサーカス団長の部屋だった。喜んだ二人が飛び込んだサーカス小屋はお客の誰もいない会場。覇気の無い団員達の芸。最高のサーカスを見たいと二人は言う。団員達は「技術が下手だから客が来ないんだ」それを聞いた二人は大きな紙に絵を描きはじめた。その絵にはお客さんの笑顔の動物達が描かれている。やがて怒っていた団員達の顔が、優しくなり笑顔になっていく。技の特訓、あきらめない気力、みんなの努力で最高のサーカスへと。第28回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞受賞作品。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぴっちとりた まよなかのサーカス
著作者等 長尾 琢磨
ながお たくま
書名ヨミ ピッチ ト リタ マヨナカ ノ サーカス
書名別名 Picchi to rita mayonaka no sakasu
出版元 BL
刊行年月 2012.12
ページ数 [32p]
大きさ 27cm
ISBN 978-4-7764-0562-7
NCID BB12581138
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22176570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想