『侍』はこうして作られた : ゲーム開発最前線 : アクワイア制作2課の660日戦争

新清士 著 ; 新紀元社編集部 編

スパイクとアクワイアの共同プロデュースによって制作され、20万本以上売り上げたPS2用ゲームソフト『侍』。開発を担当したアクワイアを中心に、制作現場を一年に渡って密着取材。奮戦する姿を通して、現代におけるゲーム制作の難しさを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『天誅』の成功と失われる『天誅』
  • 『侍』がプロジェクトとして動き始めるまで
  • 始まった序盤の開発
  • デザイナーチームの立ち上げ
  • 立ちはだかる「プレイステーション2」というハードル
  • 遅れる三月版
  • 六〇フレームへの飛躍
  • 固まらないゲームの方向性
  • 進んで、進まない七月
  • 再度行われる重大な仕様変更〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『侍』はこうして作られた : ゲーム開発最前線 : アクワイア制作2課の660日戦争
著作者等 新 清士
新紀元社
書名ヨミ サムライ ハ コウシテ ツクラレタ : ゲーム カイハツ サイゼンセン : アクワイア セイサク 2カ ノ 660ニチ センソウ
書名別名 Samurai ha koshite tsukurareta
出版元 新紀元社
刊行年月 2002.6
ページ数 287p
大きさ 21cm
ISBN 4775300431
NCID BA58331357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20296570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想