記憶のスイッチ、はいってますか

枝川義邦 著

もし記憶がなかったら…。記憶は、私たちが身につけた生存戦略。はかなく、うつろいやすいのも生きる術の一つ。とはいえ、強い記憶力が社会では大切なのも事実。気ままな脳は一体どのようにして記憶のスイッチをいれているのか。記憶についての理解を深めながら、覚えやすく忘れにくい記憶をつくるための方法を探究。生きぬくための記憶のしくみがわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 記憶が、その人となりをつくる
  • 第2章 記憶は脳の変化
  • 第3章 記憶の性質
  • 第4章 記憶と海馬の密接な関係
  • 第5章 記憶の脳内メカニズム
  • 第6章 強い記憶のつくり方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶のスイッチ、はいってますか
著作者等 枝川 義邦
書名ヨミ キオク ノ スイッチ ハイッテ マスカ : キママ ナ ノウ ノ セイゾン センリャク
書名別名 気ままな脳の生存戦略

Kioku no suicchi haitte masuka
シリーズ名 14歳の教室 19
tanQブックス 19
出版元 技術評論社
刊行年月 2014.3
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-6289-8
NCID BB15648359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22382369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想