ゲームデザイン脳 : 桝田省治の発想とワザ

桝田省治 著

「リンダキューブ」「俺の屍を越えてゆけ」などを手がけた奇才ゲームデザイナー、桝田省治は何をかんがえているのか!?支離滅裂な編集者との対話から、"平凡な日常を企画に変える視点""使えるネタを選別する方法""システムからゲームを組み立てる手法"をはじめ、独特ながらもじつは緻密に計算されたゲームデザイン思考が解き明かされていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 みつける-着想/加工(日常の中の個人的な欲求-俺の屍を越えてゆけ
  • 他人の欲求を探る-リンダキューブ
  • 自分ならどう作るか?-ネクストキング ほか)
  • 2 つくる-設計/調整(着想を企画書に落とすその1-俺の屍を越えてゆけ
  • システムでドラマを生成する-俺の屍を越えてゆけ
  • 戦闘の意味づけ-俺の屍を越えてゆけ ほか)
  • 3 かんがえる-哲学/裏技(テレビゲームとは何か?その1-初めてのテレビゲーム
  • テレビゲームとは何か?その2-それは偶然か?
  • テレビゲームとは何か?その3-しょせんゲームだ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲームデザイン脳 : 桝田省治の発想とワザ
著作者等 桝田 省治
書名ヨミ ゲーム デザイン ノウ : マスダ ショウジ ノ ハッソウ ト ワザ
書名別名 Gemu dezain no
シリーズ名 Think map 004
出版元 技術評論社
刊行年月 2010.4
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-4192-3
NCID BB02058104
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21733207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想