歴史のなかの特許 : 発明への報奨・所有権・賠償請求権

石井正 著

もはや特許(知的財産権)を無視して、企業活動は成り立たない。同時にグローバライゼーションの中、知的財産権の位置付けは高まっている。本書では、特許法の原型がまとめられたヴェネツィアから国際特許会議が行われるウィーンまでの歴史的形成過程、特許の性格の変遷を膨大な資料を用いながら、わかりやすく読者に語りかける。実務者、法学者必読の特許の歴史をまとめた1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヴェネツィアの試みと成功
  • コモンウェルスの吸血鬼
  • 産業革命における成功体験
  • 発明というフロンティアを開拓する米国
  • ジェファーソン-審査主義の理念と現実
  • 重商主義政策による発明保護、そして革命へ
  • 産業政策としての特許-君主による特権から近代特許へ
  • 周辺国の制度設計-スイスからロシアまで
  • 特許廃止論から国際特許制度へ
  • 明治日本における特許
  • 発明への報奨、所有権、賠償請求権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史のなかの特許 : 発明への報奨・所有権・賠償請求権
著作者等 石井 正
書名ヨミ レキシ ノ ナカ ノ トッキョ : ハツメイ エノ ホウショウ ショユウケン バイショウ セイキュウケン
書名別名 Rekishi no naka no tokkyo
出版元 晃洋書房
刊行年月 2009.4
ページ数 269p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-2050-4
NCID BA89911180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21624735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想