みんなぼっちの世界 : 若者たちの東京・神戸90's展開篇

富田英典, 藤村正之 編

本書は、『都市青年の意識と行動-若者たちの東京・神戸90's・分析編』の姉妹編である。東京都杉並区と神戸市で研究チームが行った調査結果を下敷きとしつつ、それから触発された議論を各執筆者が社会学的に自由に展開することで作成されており、サイドリーダー的な読み物を意識したソフト本となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「みんなぼっち」の世界
  • 1部 自己・他者・メディア-若者たちの心象と環境(自分らしさのパラドックス
  • 親密性の新しい形へ
  • 団塊ジュニアのメディア体験)
  • 2部 空間と時間-若者文化研究の方向性(地球社会の文脈から見た日本の青年
  • 通過駅でも永住地でもなく-世代文化としての青年文化)
  • 「みんなぼっち」の世界のゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みんなぼっちの世界 : 若者たちの東京・神戸90's展開篇
著作者等 富田 英典
藤村 正之
書名ヨミ ミンナボッチ ノ セカイ : ワカモノタチ ノ トウキョウ コウベ 90's テンカイヘン
書名別名 Minnabocchi no sekai
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 1999.5
ページ数 139p
大きさ 21cm
ISBN 4769908881
NCID BA41481231
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99093698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想