航空戦艦「伊勢」「日向」

大内建二 著

なぜ日本海軍だけが、航空戦艦、航空巡洋艦を誕生させたのか。-その理想的な艦体構造と運用法とは?航空母艦と戦艦を一体化させた恐るべき軍艦。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 航空戦艦と航空巡洋艦(航空戦艦の構想
  • 航空巡洋艦の構想)
  • 第2章 航空戦艦「伊勢」「日向」(航空戦艦誕生の経緯
  • 航空戦艦「伊勢」「日向」の改造
  • 搭載予定の航空機とその準備
  • 航空戦艦「伊勢」「日向」の戦歴)
  • 第3章 航空巡洋艦(新しい発想の航空巡洋艦
  • 日本海軍の航空巡洋艦
  • 他国の航空巡洋艦)
  • 第4章 戦後に出現した航空巡洋艦(ソ連海軍の試み
  • キエフ級重航空巡洋艦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 航空戦艦「伊勢」「日向」
著作者等 大内 建二
書名ヨミ コウクウ センカン イセ ヒュウガ : フ コウクウ ジュンヨウカン
書名別名 付・航空巡洋艦

Koku senkan ise hyuga
シリーズ名 光人社NF文庫 おN-834
出版元 潮書房光人社
刊行年月 2014.6
ページ数 225p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7698-2834-1
全国書誌番号
22415166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想