ぼくたちが考えるに、 : マスコラボレーションの時代をどう生きるか?

チャールズ・レッドビーター 著 ; 山形浩生, 守岡桜 訳

オープン+協働それがWE‐THINK。Google、YouTube、Amazonだけじゃない。経済、科学、文化、政治、福祉、あらゆる分野でこの動きはもう止まらない!数々の事例とともに、「WE‐THINK」的な流れの可能性を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人は共有するもの次第
  • 第2章 We‐Thinkのルーツ
  • 第3章 We‐Thinkの仕組み(とできないこと)
  • 第4章 We‐Thinkビジネス
  • 第5章 We‐Thinkはどこまで広がるか
  • 第6章 いいことなのか悪いことなのか?
  • 第7章 思いのままに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくたちが考えるに、 : マスコラボレーションの時代をどう生きるか?
著作者等 Leadbeater, Charles
守岡 桜
山形 浩生
レッドビーター チャールズ
書名ヨミ ボクタチ ガ カンガエル ニ : マスコラボレーション ノ ジダイ オ ドウ イキルカ
書名別名 We-think

Bokutachi ga kangaeru ni
出版元 エクスナレッジ
刊行年月 2009.1
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7678-0814-7
NCID BA88850193
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21536905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想