死ぬかと思った  2

林雄司 編

まだまだこんなに死にかけていた…。余計なコトして死にかけた、恥ずかしさのあまりに死にそう。ヒトには言えない、でも言いたい。ちょっと自慢の死にかけ体験。まさか?でも思いあたる事実の数々を、笑いのスパイスで告白した低レベルな臨死体験集その2。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 女子高生、うんこを投げる。
  • 死の『フルーチェ』
  • 銀行強盗の人質になって失禁
  • オカルト現象
  • アヒルにつつかれる
  • イソギンチャクにちんこ入れる
  • オナニー、妻に見つかる
  • ガラスに頭を突っ込む
  • 犬を交えての3P
  • 毒ガスを放置して『タッチ』を見る〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死ぬかと思った
著作者等 林 雄司
書名ヨミ シヌカ ト オモッタ
書名別名 Shinuka to omotta
巻冊次 2
出版元 アスペクト
刊行年月 2009.3
ページ数 166p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7572-1651-8
NCID BA89824144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21558100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想