人類哲学へ = For a philosophy of mankind

梅原猛 著

「草木国土悉皆成仏」が、なぜ21世紀を救う哲学なのか。「人類哲学」を巡る5人の白熱議論!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人類哲学は可能か(デカルトへの「懐疑」
  • ハイデガーの哲学
  • 「草木国土悉皆成仏」の思想
  • エジプト文明の衝撃
  • 人類哲学への展望)
  • 第2部 討論・人類哲学をめぐって(自然環境と哲学
  • 永劫回帰と回向
  • 超越の神・内在の神
  • ホモ・サピエンスの栄枯
  • 拡張した人間圏の危機
  • いま復興のために
  • 文明の形
  • 人類哲学の胎動が見える)
  • 第3部 対論・人類哲学のこれから(私の哲学遍路
  • 縄文の思想、太陽の思想
  • 一神教をとらえ直す
  • ニーチェ、ハイデガーを超えて
  • 新しい哲学を語るために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類哲学へ = For a philosophy of mankind
著作者等 梅原 猛
書名ヨミ ジンルイ テツガク エ
書名別名 For a philosophy of mankind

Jinrui tetsugaku e
出版元 NTT
刊行年月 2013.10
ページ数 193p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-4282-4
NCID BB1394485X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22320111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
人類哲学のこれから 梅原賢一郎, 梅原 猛
人類哲学は可能か 梅原 猛
人類哲学をめぐって 吉村作治, 松井孝典 ほか, 梅原 猛
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想