キーボード配列QWERTYの謎

安岡孝一, 安岡素子 著

タイプライターの父、クリストファー・レイサム・ショールズによる発明から、私たちが毎日触れるコンピュータのキーボードに至るまで、図版124点余、開発時のエピソード満載で、キー配列140年の謎を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ジ・アメリカン・タイプ・ライター
  • 第2章 QWERTY配列の誕生
  • 第3章 小文字が打てるタイプライター
  • 第4章 女性参政権運動とタイプライター
  • 第5章 タッチタイピングの登場
  • 第6章 ザ・タイプライター・トラスト
  • 第7章 遠隔タイプライターと文字コード
  • 第8章 ドボラック配列とアンチQWERTY説
  • 終章 なぜコンピュータのキーボードはQWERTY配列になったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キーボード配列QWERTYの謎
著作者等 安岡 孝一
安岡 素子
書名ヨミ キーボード ハイレツ QWERTY ノ ナゾ
書名別名 Myth of QWERTY keyboard

Kibodo hairetsu QWERTY no nazo
出版元 NTT
刊行年月 2008.3
ページ数 211p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7571-4176-6
NCID BA8548841X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21392658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想